デオナチュレ

デオナチュレさらさらデオドラントパウダーの詳細について説明します!

 

 

 

使い方について解説します!

パウダーは、鮮度を保つために袋に入った状態で容器に入っています。
容器全体へパウダーを詰め替えてから使用します。

 

 

パフをのせた状態で、容器をしっかり押さえてパフ全体にパウダーをよくなじませます。
乾いた清潔な肌にパフを軽く抑えるようにして適量を薄く伸ばしながら使っていきます。

 

首筋や胸の谷間、太ももの裏などに使うのが効果的です。

 

使うタイミングは、通学、通勤、スポーツをする前、洋服を着る時、
朝晩のシャワーの後など、汗をかく前、肌が乾いた状態の時です。

 

 

 

含まれている成分と効果について!

デオナチュレさらさらデオドラントパウダーに含まれている成分は以下のとおりです。

 

 

【含まれている成分】

 

焼ミョウバン 、オクテニルコハク酸コーンスターチAl、茶エキス−1、トリ(カプリル・カプリン酸)グリセリル、メチルシロキサン網状重合体、無水ケイ酸、ケイ酸Ca、香料

 

 

デオナチュレさらさらデオドラントパウダーを使用することによって得られる効果は、
汗、べたつきを抑えて、ボディをサラサラの状態に保つことです。

 

汗をかくと、髪がはりついてしまう首筋や胸の谷間などにパウダーをつけることで、
汗のべたつきを抑え、サラサラの状態をキープすることができます。

 

 

 

実際に使用した人の口コミから分かること!

デオナチュレさらさらデオドラントパウダーは、詰め替えもあり、コスパも良く、
”汗をかく季節にはなくてはならない必須アイテム”という口コミを多く見かけます。

 

サラサラの状態で過ごすことができると同時にニオイを抑えることができるので
手放すことができないという口コミ、感想を多く見かけます。

 

良い口コミとしては、クリームタイプよりも使い勝手がよく、
詰め替えが安くて、愛用していく中でも経済的負担なく使えるという意見。

 

ベタベタするクリームタイプではなく、パウダータイプなので
ストレスなく使えるという口コミが結構見受けられますね。
(これは、使用する人の好みにもよるところですが。)

 

悪い口コミとして見受けられるのが、
脇に使ってしまうと他の場所に使えなくなるという意見です。
パフは汗を吸収してしまいますからね。
脇に使用したパフを他の部位に使用することに抵抗を感じる人もいるようです。

 

わきがの人であれば、なおさら抵抗を感じるはずです。
パフが脇の汗とニオイを吸収し、そのパフを他の部分に使用するとなると、
ワキガ臭が移ってしまうでは?と思ってしまいますからね。

 

 

また、使い心地はサラサラで、つけたては悪くありませんが、
汗をかくと余計べたつきを感じてしまうという声もあります。
汗かきの人は、つけてもすぐに汗でパウダーが流れてしまいますので、
効果がイマイチ実感できないこともあるようですね。

 

基本的に一年中使用できるアイテムですが、汗をかく夏場より
汗をかきにくい冬場のほうが使いやすいと感じている人もいるようです。